猫の病気でポピュラーなものというと、いわゆる「猫かぜ」だと思うのですが、「腎臓病」も切っても切れない関係ではないかと思います。

しかも腎機能によって猫の寿命が決まるといっても過言ではないくらい、猫にとって腎臓の病気は見過ごしてはならないものであると思います。

今回腎臓病の治療法が開発された事で、猫の寿命が2倍に延びるのでは無いかと期待されています!

ネコ (からのリダイレクト)
慢性腎臓病(腎不全) 腎臓の機能が低下した状態。尿の量や回数が多かったり、色が薄かったり、臭いがあまりしなくなり、水をよく飲んだりしたら腎機能が低下している可能性がある。初期に見つけられれば食事療法など対処できるが、手遅れになると死に至る病気である。腎臓の病気になりやすく7- 8割は腎臓に何らかの疾患をもつと言われている。
127キロバイト (17,553 語) - 2021年7月12日 (月) 17:52

ところで、「腎臓」って何で大事なんでしょうかね??


上の図は腎臓の役割について非常に分かりやすい表現をしているかなと思い載せました。

つまり、腎機能が低下すると体の中にゴミ(毒素)が溜まる事になるので非常に悪影響を及ぼすという事ですね。

家だって掃除しないとゴミやホコリが溜まっていき、カビが生えたり悪臭を放ったりするようになって荒れていきますよね?最悪の場合いわゆる「ゴミ屋敷」になり、もはや住める状態では無くなります。そんな状態だと思って頂ければ良いかと思います。

猫はキレイ好きでとてもデリケートな生き物ですから尚更ですよね。体の中も外もキレイにしてあげたいものです(^-^)


下の動画は人間の採血の検査結果の腎機能項目についての説明ですが、猫にも共通する事ですので、押さえておくと獣医さんからの説明を受ける際に理解し易くなるかと思います。

内容的には専門用語が出てくるので少々難しいかと思いますが、わかりやすい言葉で説明しているので是非視聴をオススメします(7分半)


腎機能でチェックする項目、ご理解頂けましたでしょうか??とりあえずクレアチニンBUNは腎機能を評価するのに最もポピュラーなものなので最低限押さえておきたいところです。

なお、当然の事ながら猫の基準値は人間のそれとは違うので獣医さんに確認して下さいね。


その他猫の腎臓の病気に関してまとめているオススメブログご紹介↓
猫魔王ブログ


表れている症状によってどんな病気が疑われるのか詳しく分かりやすくまとめてあるのでこちらも是非読んで下さいね!

 

【【朗報】猫の腎臓病の治療法が開発される】の続きを読む