当ブログはペット(主に猫)に関しての記事、画像、動画を中心に紹介し管理人の主観的なコメントを交えまとめています。

保護猫


かまいたち」に変更している。 山内 健司(やまうち けんじ 1981年1月17日 - ) (40歳) 島根県松江市本庄出身。 身長167.3cm。体重72kg。血液型B型。 ボケ(コントではツッコミに回ることも)・ネタ作成担当。立ち位置は向かって左。 濱家 隆一(はまいえ りゅういち 1983年11月6日
50キロバイト (5,575 語) - 2021年8月30日 (月) 14:43


(出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)

そもそも良い悪いという2元論で論争される背景には、議論の中心に「人間」を置く事が前提に有るからではないか?

ここでいう「正しさ」とは一体なんだろうか?飼ったのであれ、保護したのであれ、大切なのは飼い主の自覚と責任、生命を慈しむ尊厳で有るように思うのだが、、、いかがであろう?

そろそろ正しい、間違ってるという基準で議論するのはやめないか?視点を変えてみたらどちらも自然な意見であるように思うのだが。


キャッシュバック10,000円+初期費用0円【BIGLOBEの新ブランド donedone(ドネドネ)】 

1 jinjin ★ :2021/08/30(月) 23:50:36.89

8月26日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「猫メロメロ芸人」を放送。
一部の出演者に批判の声が相次いでいる。

猫のことが大好きな芸人が集まってトークを繰り広げたこの回。
ネット上で批判が集まったのは、『かまいたち』山内健司だ。
自宅の猫を紹介するコーナーで、山内はメインクーン4匹とラガマフィン1匹という高級猫5匹を飼っていると明かす。


ラガマフィンとの出会いについては、ペットショップで妻とともに猫を物色していたところ、誕生日が2月22日(猫の日)であったため運命を感じ、本来23万円のところを22万2000円にまけてもらって買ったというのだ。


しかし動物好きの間では、ペットショップで命を買うことを疑問視する声が多い。
実際にこの回に登場した芸人の中でも、『ミキ』の亜生は捨て猫を保護し、里親に引き渡すといったボランティア活動をしている。

飼っている猫はもちろん雑種の元捨て猫だ。
サンシャイン池崎も自宅で飼っている猫2匹は里親募集で引き取ったもの。『蛙亭』中野は、亜生が保護した猫を譲り受けたという。


そんなガチの猫好きが集まっていた中、山内はペットショップで高額でやり取りされている血統書付きのブランド猫5匹を自慢。
しかも山内はこの回でリーダーとして猫について語っていたため、ネット上では

《山内さんのペットショップのくだり、池崎さんはどんな思いで聞いてるんやろ》
《ペットショップで買ってるのは山内さんだけか。この人だけビジネス臭がすごいするんだよな》
《サンシャイン池崎や亜生がいる中で、ペットショップで22万で猫買った話、どういう神経でしとるんやろ? かまいたち山内がリーダー席なの納得いかぬ》
《保護猫ちゃんとペットショップ猫ちゃん混在してて、保護猫ちゃん飼ってる芸人さんは好感度上がるよね。ちゃんと本当に猫が好きなのが伝わった。もともと池崎のYouTube、亜生のインスタで保護猫とは知ってたけど中野くんも保護猫とは!》
《「お金じゃない」とか言いつつ、結局はお高いペットショップ猫飼いに比べて、亜生の捨て猫保護は本当に素晴らしいな… 雑種飼いさんてだけで好印象…》

といった声があがっている。

 
 
「ペットショップでペット買う奴ってみんな人間のクズ」

「ペットショップビジネスについては、芸能人たちも批判の声をあげています。杉本彩を筆頭に、俳優の二階堂ふみも《ペットショップに並ぶ子犬や子猫はどこから来たのか。知ること。考えること。そしてアクションを起こすこと》とコメントを出すなど、注意を呼びかけています」(芸能記者)

元2ちゃんねる管理人の〝ひろゆき〟こと西村博之氏は、2019年3月に自身のYouTubeライブ配信で、「(ペットショップで)売れなかったときに保健所で殺す、ということをやっている業界にお金を払っているので、ペットショップでペット買う奴って基本的にみんな人間のクズだなって思ってる」
「(ペットショップという)システム自体が違法になればいいと思っている」などと、過激な表現で業界と利用者を痛烈に批判していた。


「ここまでペットショップが問題視されている中、指原莉乃や社会学者の古市憲寿氏などはペットショップ肯定派。古市にいたっては、ペットショップで猫を物色して買うという企画をテレビで放送。世界的な問題になっているペットショップを、社会学者のくせに推進するような行為をメディア行っていました」(同・記者)

ただ、同じくペットショップで猫を購入した山内は最近、保護猫支援を応援するような活動をしている。
ペットショップで命を買った後に、その悲惨な仕組みに気づく人も多いだろう。
過去ではなく今の活動を見て、評価を下してほしいものだ。

https://myjitsu.jp/archives/301003


前スレ
【テレビ】猫好き”かまいたち山内に批判の声「ペットショップって…」 過去にはひろゆきの「店でペット買う奴は人間のクズ」発言も★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1630228971/


【【芸能】かまいたち山内のテレビ番組での発言が波紋を呼んでいる件】の続きを読む


今回はあるNPO法人が創設した保護猫に対する画期的な制度をご紹介します。


以前、コロナ禍でおうち時間が増えペットを飼い出す人が増える中で、いざ飼ってみたら「お金がかかる」、「お世話が大変」などの理由で簡単に飼育放棄してしまうという記事をまとめたのですが、



↑まだお読みで無い方は是非チェックしてみて下さいね!


この制度のメリットはなんといっても金銭的な負担が小さい事ですね。医療費、飼育費を負担して貰えるというのはかなり大きいと思います。



sub2-20161003123030
(出典:img-sumaiweb.com)

上のグラフは犬猫に1ヶ月あたりかかる費用の目安の一例です。見て分かるように犬、猫ともに食費がかなりの比重を占めています。

こうしてみると、医療費とお手入れはの方がダンゼンかかるんですね(゚o゚;

犬はシャンプーやトリミングとかにお金がかかるからでしょうかね?愛犬家の方いかがでしょうか?


running-cost
(出典:www.konekono-heya.com)

これは1年間で猫にかかる費用の一例です。最低でも15万はかかるんですね( ̄。 ̄;)

猫の寿命が15~20歳といわれているので、一生で1匹あたり200~300万、我が家は5匹いるので単純計算して1000~1500万円かかる事になります!!

高級車買えるやないかーーい!!www


というようにみていくと、この制度は費用負担が軽くて済むので経済的な事情などで猫を飼うのを諦めている人にもありがたい制度ですね(^^)



(出典 www.sponichi.co.jp)

ご覧の通りのサン○ャイン○崎ですww ジャ○ティスっていってますねww


この人も最近テレビの某番組で保護猫活動頑張ってるのをよくみかけますねー。保護猫繋がりで少し遊んでみました(≧▽≦)でも真面目に応援してます!




5chの記事をまとめてみました。いろんな意見があったので考えるきっかけにして貰うと幸いです。

1 ブギー ★ :2021/05/11(火) 12:14:25.90

猫の保護活動に取り組むNPO法人もりねこ(盛岡市)が今春、「終生預かりボランティア制度」を創設した。高齢や病気の猫を受け入れた世帯に対し、もりねこが医療費や飼育費を支払う仕組み。既に2世帯がボランティアとなっており、工藤幸枝理事長は「引き取ってもらい、広々とした環境で暮らせれば猫も幸せ」と話す。

 制度創設は、数年前に花巻市の家族に「猫白血病ウイルス感染症」などにかかった2匹を一時的に預かってもらったのがきっかけ。医療費などをもりねこが負担しつつ引き受け手を募集したが見つからず、今もこの家族が面倒を見る。昨春は滝沢市の夫婦に腎不全の1匹を受け入れてもらった。

 こうした経緯から工藤理事長は「無理に譲渡し、飼育放棄になるくらいだったら、ボランティアを募る方が猫にとっても人にとっても安心ではないか」と思い立ったという。

 運用資金は、寄付金やグッズ販売で賄っており、ボランティアの負担は通院時の交通費のみ。病気の猫は、月々の医療費が1万円を超える場合もある。経済的な理由で飼育をためらっていた人たちに受け皿となってもらえると期待する。

続きはソース元にて
https://kahoku.news/articles/20210510khn000007.html?format=slide&page=1


【【画期的】保護猫ボランティア制度という取り組み】の続きを読む

このページのトップヘ