当ブログはペット(主に猫)に関しての記事、画像、動画を中心に紹介し管理人の主観的なコメントを交えまとめています。

社会問題・ニュース

無駄吠え防止首輪 人気第1位 11,547個突破
【ワンブル】公式サイトはコチラ




(出典 www.docdog.jp)


殺処分する側もまた辛いですよね、、、

だからこそ動物と人間が「共生」出来る制度や支援もまた必要になってくるのでは無いかと思います。


来る日も来る日も…猫を処分 「自分は悪くない」心押し殺した職員
https://news.yahoo.co.jp/articles/681e5bd71b318adab7cf596bab0aab09d233b242





西日本新聞
福岡市東部動物愛護管理センターに収容された雄のムギ(右)と雌のギチャのきょうだい猫。ミルクボランティアに預けられ、すくすくと育っている

 コロナ禍でペットを飼う人が増えている。人と会うことが制限される息苦しさをペットは優しく癒やす。その陰で、全国で数万匹の犬や猫が毎年処分されている。私たちの社会はペットに優しいだろうか。愛猫家の一人として、人と猫、命が向き合う現場を訪ね、考えた。

【写真】動物愛護管理センターにある「簡易処分機」

 コンクリートむき出しの殺風景な一室を薄暗い蛍光灯が照らす。職員が「簡易処分機」のふたを開け、中に段ボールの箱を置いた。ふたを閉じ、3カ所の留め具と排水用バルブを閉め、緑色の「運転」ボタンを押す。シュー、と音がした。

 福岡市東区にある市東部動物愛護管理センター。段ボール箱の中には生後2週間ほどの子猫がいた。成猫や犬は獣医師が薬剤を注射して「安楽殺」する。だが四肢が細くて血管の取れない子猫は職員が処分機に入れてガスを使う。

 本来は麻袋に入れる。段ボール箱のままなのは、呼吸量の少ない子猫に早くガスを吸わせ、少しでも苦しむ時間を短くするため。職員のせめてもの配慮だ。

 およそ10分後、職員がふたを開けた。トラ模様の亡きがらは片手に収まるほど小さかった。まだ柔らかく、温かい。段ボール箱の底に敷いたペットシートにはおしっこの染みができていた。遠くの犬舎から収容犬の鳴き声が聞こえた。

勤続40年、小中学校で伝える生命
 許しがほしかった。来年で勤続40年。同センターに入所して、来る日も来る日も、猫を処分し、犬を処分した。すぐに心を病んだ。

 一度だけ、処分寸前の犬3匹を機械の陰にかくまって育てたことがある。1カ月で上司に見つかった。担当を変わるよう命じられたが、申し出て自分の手で処分した。以来、自分は機械の一部だと思うことにした。「自分は悪くない」。そう言い聞かせた。

 1999年、動物愛護管理法が大幅改正されセンターは「共生」に取り組む施設に変わった。人と動物の調和、啓発。業務は新しくなり、犬や猫を収容する条件は厳しくなり、処分数は激減した。だがその変化に気持ちが追いつかない。ずっと心を押し殺して仕事をしてきた。あれはいったい何だったのか。あの犬や猫たちは無駄死にか。再び精神科に通うようになった。

 


【愛護センター職員の苦悩「40年間イヌ・ネコを処分し続け精神病みました」】の続きを読む




玉川 (たまかわ とおる、1963年 - )は、テレビ朝日報道局の局員で、『モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。 宮城県出身。宮城県仙台第二高等学校を経て、京都大学農学部農業工学科から京都大学大学院農学研究科修士課程へ進学。
13キロバイト (1,634 語) - 2021年10月7日 (木) 12:01



(出典 image.chess443.net)


犬も猫も人間も命の価値はみな同じだと思いますが?🤗

そんなこと言うなら藤さん見習ってワンワン寄付すればいいのにね🤗

🤗←これ冷笑なww


◆ 玉川徹氏、猫の腎臓病薬への発言が批判「流石にひどい」「よくあんなコメント出来るな」怒りの声も

14日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、猫の寿命が2倍にもなると言われている猫腎臓病薬について特集。
同局社員でレギュラーコメンテータの玉川徹氏の見解に、ネット上から苦言が集まっている。

今年7月から話題になっている、東京大大学院の宮崎徹教授が進める猫の腎臓病治療薬開発。
猫の宿命とも言われている腎臓病が治る可能性もあるということで、研究費用のための寄付は1週間で1億円以上集まることに。
その後も寄付は集まり続け、10月時点で2億円を超えている。

研究されているのは「AIM」というタンパク質で、人間や動物の血中に高濃度で存在し、腎臓に溜まったゴミを片付ける役割を担っているとのこと。
しかし、猫のAIMは生まれつき働いていないため、生まれた時からだんだん腎臓が悪くなるという。

AIMの投与で、腎機能の低下した猫も腎臓の不純物を除去できるようになることが期待されている。
また、AIMのメカニズムは人が患う腎臓病、肝臓がん、脳梗塞、肥満にも応用できるといい、番組では宮崎教授が将来的には人への治験もめざしていることを紹介していた。

これに対し、玉川氏は「腎臓病で苦しんでる人たくさんいますから」と言い、治療薬が人間に応用できるという点について、
「もしその話を聞いていたら、もっと(寄付が)集まったかもしれないですね。猫じゃなくて、人の方で」と持論を展開した。

さらに、人が患う腎臓病の恐ろしさを熱弁し、玉川氏は「むしろ、人への応用の方がよっぽど大事!」と断言。
司会の羽鳥慎一アナウンサーが「猫も大事ですよ? 猫可愛がってる方、たくさんいますよ」とフォローを入れるも、玉川氏は「え? 猫、ねえ……。ま、確かにね」と呟いていた。

しかし、この玉川氏のこの一連の発言に、ネットからは「玉川さんの発言、流石にひどい」「もうこの話題でコメントしないで欲しい」「猫はどうでもいいように言っている玉川氏。嫌な感じ」「猫の研究の副産物なのに、人を強調するって…」「猫はどうでもいい感あふれるコメント…よくあんなコメント出来るな」といった苦言が集まっていた。 
猫好きの間で話題になったからこそ、多額の寄付が集まったという経緯があったこともあり、玉川氏の発言は猫好きの想いを逆撫でするものになってしまっていたようだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/21026751/

■ 前スレ(1の立った日時:2021/10/14(木) 16:07:00.86)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634195220/

 * * *

■関連ニュース

◆ 羽鳥慎一、『モーニングショー』玉川徹の露骨なえこひいきに注意「平等に扱って」

オープニングトークで登場した網戸を昇り降りする動画の猫に、「犬がやったら拍手ですよ」と犬の話題に無理やり切り替えた玉川徹氏。
羽鳥慎一アナウンサーから「平等に扱ってもらってもいいですか?」と注意を受けると、番組を観ていた視聴者も大盛り上がり。

「羽鳥アナが我々視聴者の気持ちを代弁してくれた!」
「ちょっとは猫も見てよ玉川さん…!」
「玉川が露骨にえこひいきしてて笑ったわ」

などと、コメントが寄せられていました。

「以前から玉川さんが犬好きを公言しています。
昨年、テレワークが増加して猫から仕事を邪魔される『ネコハラ』が特集されると、『僕は犬好きなのでイヌハラを受けたい』とコメントしていました。
ただ、これまで秋田犬やゴールデンレトリーバーなど大型の犬種を飼っていたことがあるようですが、構いすぎているのか犬からはあまり相手にされないようですよ」(芸能ライター)

以前から犬の話題に前のめりになっていた様子の玉川氏。
ただ番組のコメンテーターとしてほんの少しでも、猫に興味を持っていただきたいとは思います。

https://news.merumo.ne.jp/article/genre/10834436

 * * *

黒青猫@KuroaoC 午前1:14 ・ 2021年9月25日
玉川徹は猫が嫌いって言ってたよ
自分の思い通りにならない他人が嫌いなのであろう
いつも文句いってるもんな
https://twitter.com/kuroaoc/status/1441435997569355786
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【テレビ】玉川徹「猫なんかどうでもいい。腎臓病で苦しんでいる人間を優先しろ」】の続きを読む


コロナ陽性で殺処分!?

なんと無慈悲な!!😩

haru ★ :2021/09/29(水) 19:25:19.31

ゼロコロナを目指す中国で、新型コロナに感染した女性の飼いネコ3匹の陽性が確認され、殺処分されました。中国のSNS上では賛否の声があがっています。


中国東北部・黒竜江省のマンションの一室で飼われていた3匹のネコ。しかし、飼い主の女性は今月22日、新型コロナへの感染が確認され、入院を余儀なくされました。

黒竜江省では今月21日以降、デルタ株の感染が広がり、きのうまでに67人が症状がある感染者として確認されていて、厳しい防疫措置がとられています。

中国メディアによりますと、マンションに残されたこの3匹のネコにもPCR検査が行われ、2回連続で陽性が確認されたのです。


飼い主の女性
 「ネコも治療できるか確認してほしい」

女性はSNS上でこう訴えましたが、中国で新型コロナ対策を担う自治会にあたる「社区」は・・・

「感染したペットを治療した前例はなく、安楽死させる」

女性にこう通知。ネコたちはきのう、殺処分されました。

「かわいそうなネコちゃん・・・でも防疫対策のためなら仕方ない」
「治るまで待っていたらダメなのだろうか・・・」

SNS上では賛否の声があがっています。


(出典 Youtube)



29日 15時39分
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4370733.html


【【無慈悲!】コロナ陽性の飼い猫3匹が殺処分【中国】】の続きを読む


ごみの問題は今に始まった事では無いのですが、長引くコロナ禍によって生じた新たなごみ問題が深刻化しているようです。



コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である。 「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス」、「禍」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することばで、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」と


マスクは正しい処分や廃棄をしないと知らないうちに感染拡大を助長したり生態系に悪影響を及ぼす原因になることが理解出来たかと思います。

  

環境省が推奨している感染対策としてのマスク廃棄の一例です。過度に恐れを抱くのではなく、一人ひとりが正しい知識と行動で感染拡大を防ぐことが大切です。





コロナごみの深刻化を特集した動画が有りましたので載せておきます。併せて御覧ください。

今回はコロナ禍の新たなごみ問題についてご紹介致しました。


ごみを捨てる事は誰もが出来ることです。正しい「捨て方」を意識することで私たち自身を守るだけでなく動物を守ることにも繋がるということを心に留めておきましょう。

一人の力は小さいかもしれませんが、そこはちりも積もれば山となる、みんなで協力して人も動物も共生出来る社会を作りたいものです。


最後までお読み頂きありがとうございました。では、また次回。

presented by さんきち


スポンサードリンク
 

【【新たなごみ問題】動物との共生を目指して私たちが出来ることとは【改訂版】】の続きを読む


個人的には「もちまる」よりも「ぽむしま」!
白猫って良いよねぇ〜😁

もちまるさんがいくら稼いだのかは誰もが気になるところでしょうね!ww


1 きつねうどん ★ :2021/09/06(月) 12:37:58.19

 YouTubeチャンネル「もちまる日記」の猫の「もちまる」が「YouTubeで最も視聴された猫」(Most views for a cat on YouTube)としてギネス世界記録に認定された。もちまる日記のマネジメントを担当するFREEが9月5日付で発表した。


(出典 image.itmedia.co.jp)


 ギネスワールドレコーズが8月12日付で認定した。12日時点の総再生回数は6億1958万6290回だった。

 もちまる日記は、スコティッシュフォールドのもちまる(もち様)の何気ない日常を飼い主(下僕)が投稿するチャンネル。開始から2年弱ながらペットインフルエンサー分野では国内1位(21年1~6月の総再生数)となっている。

 FREEによると、主な視聴者層は30~50代で男女比は45対55。もちまる日記の公式Twitterアカウントのインプレッションは1投稿当たり1800万を超え、平均32万の「いいね」を集めるという。

https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2109/06/news073_0.html


【もちまる日記の再生回数6億回超 ギネス認定 】の続きを読む

このページのトップヘ