以前動物愛護法が改正された記事をまとめた際に、ふと「動物を飼う」という事は、ひょっとして人間のエゴなんじゃないかと思った訳なんです、、

なので今日は多頭飼育崩壊の記事を通して「動物を飼うこと」について少し真面目に(?)考えてみようと思います。

多頭飼育崩壊(たとうしいくほうかい)とは、ペットの動物を多数飼育した飼い主が、無秩序な飼い方による異常繁殖の末、飼育不可能となる現象。英語ではアニマルホーディング(Animal Hoarding)といい、過剰多頭飼育者のことをアニマルホーダー(Animal Hoarder)という。
21キロバイト (3,181 語) - 2021年5月5日 (水) 08:36


(出典 www.doubutukikin.or.jp)

我が家は今5匹の愛猫と暮らしているという話は折に触れてお話しているのですが、実は元々は白猫さんと今愛でている長老さんの2匹でした。

増えた経緯をざっくりとお話すると、、白猫さんがある時脱走したまま帰って来なくなってしまったのです。

相方が居なくなって寂しそうにしている長老さんをみていて、私たちは友達が出来たら寂しく無いだろうかと思い保護された猫さんたちを我が家に迎える事としました。


、、、本当は1匹の予定だったのですが、あれよあれよと気がつけば4匹迎えていました。


どの子も個性があって私たちは我が子のように大切に愛でています。

しかしこれ以上増やす気は有りません。なぜならこれ以上はキャパオーバーになると考えているからです。

トイレの世話にしてもご飯の用意にしても全てお金がかかります。当然体調不良や病気になれば病院にも行かなければなりませんし、何より人間のように保険が効く訳では無いですから治療費だってバカになりません。

この記事にも有るように、いくら動物が好きだから、かわいそうだからといって引き取っていたらやがてキャパオーバーになり簡単に多頭飼育崩壊を引き起こしてしまうと思います。


大切なのは自分の身の丈にあった「飼い方(お迎えする数、家計の状況、飼える環境なのかどうかなど)」では無いかと思います。

そして何よりも迎えた以上は最後まで面倒をみるという覚悟が必要だと思います。覚悟無くして迎えるべきでは無いと私は思います。その方が望まない悲劇を生まなくて済む訳ですから、、、


難しい問題では有ると思いますが、捨てられていたから、かわいそうだからと保護する事もまた人間のエゴなのかもしれません。

本来動物の世界は「弱肉強食」、強いものは生き、弱いものは自然に淘汰されていく。

人間は自然の摂理を頭に置いて動物と向き合う姿勢が必要ではないでしょうか。


〈ネットの声にみる「愛知 多頭飼育崩壊」の反応〉
1 和三盆 ★ :2021/06/11(金) 21:26:18.24

愛知県岡崎市の男性ブリーダー(37)が少なくとも250匹の猫を大量繁殖させ、十分な飼育ができない「多頭飼育崩壊」の状態になっていることが11日、明らかになった。市は動物愛護法に基づく立ち入り調査を実施し、改善指導している。公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)によると、猫の多頭飼育崩壊では国内最大規模だという。

 男性ブリーダーは5月から病気入院中で対応できないといい、市は親族らに改善指導した。親族によると、大量繁殖した猫は、男性宅に約200匹、近くの別宅に少なくとも50匹確認された。

 男性は2013年からブリーダー活動を始め、1人暮らしの自宅と別宅でそれぞれ飼育。パート従業員が1人いるが、6月施行の改正動物愛護法では、従業員1人当たりの猫の飼育数は22年から35匹、24年から25匹と定めている。

 親族は2日に市内の保護猫カフェ「アエル」に相談し、現在はアエルや親族らが掃除や猫の世話をしている。

 親族から5日に連絡を受けた市は10日までに2回、男性宅を立ち入り調査し、病気の猫を含め208匹を確認。市に申請している60匹を超える飼育数や不衛生な環境などについて、市は親族らに指導した。

 県外から駆けつけた親族の一人は11日、取材に「明らかに行きすぎた飼育でボランティアの力を借りないとどうしようもない。去勢手術が課題」と肩を落とした。今後アエルの協力で飼い主を探していくという。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20352469/

(出典 image.news.livedoor.com)





3 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:28:00.46

こういう奴をブリーダーと呼ぶな


7 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:29:13.43

ブリーダーって計画的に繁殖させる仕事
こいつは違う


8 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:29:36.72

ブリーダーならブランド猫だろ
引き取り手はいくらでもいるんじゃないの?


11 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:31:05.23

>>8
無計画にパコパコさせた猫なんて雑色もいいとこよ
まともなブリーダーほどこの手の猫は引き取らんて


9 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:30:10.64


(出典 image.news.livedoor.com)

高く売れるブランド猫ももいるけど発色変だな


13 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:31:38.41

不衛生な環境で可哀想
は~にゃん様を粗末に扱うなよ~


17 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:33:11.01

これが本当の、もうだめ猫の国


23 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:39:40.97

国内最大規模


24 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:42:00.76

びっくり日本新記録


25 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:42:38.45

よくペット紹介番組で多頭飼でかわいい~とかやってるけど
こういう現実は映さないんだよな


26 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:43:13.27

ムリーダー


27 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:44:04.09

石垣島のサザンゲートブリッジを渡った先の埋立地に行くと猫だらけ


28 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:44:13.90

むちゃくちゃだな


29 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:44:59.39

絶対臭いやばいわ


30 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:45:04.93

アラブの石油王の婦人でもそんなに居らんぞ


31 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:45:11.32

大金で買う奴のせいじゃ?


32 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:45:46.26

親族に指導してどうすんねん


33 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:46:21.43

うおお・・・
かわいそう


35 ブサヨ :2021/06/11(金) 21:48:03.96

雑種でなくても売れるのは子猫だけ
売れ残って大きくなってしまったら殺処分
本当に猫好きならペットショップでは買わない


36 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:48:19.19

一匹なら欲しいな


38 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:49:27.51

ひぇっ
親族に指導したってしゃーないやん
で、なんで入院してんだよ


39 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:49:34.44

こういうのさ、密告・報告→おまわり踏み込む→虐待確認→犯人懲役刑 ってサクサク裁いて見せしめにしていかないと一向に減らないぞ
いきなり派手にやるとブリーダーは全部山に捨てたり川に流すから、廃業するための準備時間はあたえないといけないが


40 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:50:14.61

こういう時来てくれる親族? 普通に親じゃね?
兄弟でもこの年なら、そうそう来ないで見捨てるだろうし。


43 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:51:37.42

>>40
一人暮らしの自宅ってあたりをみると早くに死んだとかじゃないか
猫買う為に家は買わないだろう


41 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:50:21.91

猫は1年で何倍にも増えるからな。


42 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:50:47.15

凄い匂いがしそうだ
周辺住民は大変だな


44 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:53:14.23

欲しい人は結構いそう


46 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:56:55.16

崩壊降臨


48 ニューノーマルの名無しさん :2021/06/11(金) 21:57:40.74

販売目的ならそれなりの種なのか?
欲しい1人はいるだろ




いかがでしたでしょうか?

今回は多頭飼育崩壊について私の所感を交えながらまとめてみました。命を扱う難しさを私たちは忘れてはならないと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。では、また次回。


あわせて読みたい
〈社会〉のおすすめ記事