動物との触れ合いはほどほどにしないと時に痛ましい事件になりかねないのですね(‘◉⌓◉’)

1 ぐれ ★ :2021/07/20(火) 19:18:44.08

※2021年7月19日(月)14時39分ニューズウィーク日本版

<どんなにかわいくても野生動物に手を触れるのは犯罪行為。有罪になれば懲役5年も>

ドイツの海水浴客に捕まったらしいネズミイルカが、集まってきた十数人の子供たちに抱きしめたり撫でられたりした後、死亡した。


7月9日の通報によると、複数の大人がネズミイルカを捕まえて海面に顔を出させていたようだ──地元リューベック警察はそう発表した。バルト海に面したドイツ北部のグレーミッツの海水浴場で起きた悲劇だ。

大人たちは、ネズミイルカを海面に出したまま20人以上の子供たちを呼び寄せ、抱いたり触らせたりしたという。

目撃者によると、最初は元気そうに見えたネズミイルカは次第に衰弱し、死んでしまった。

ライフガードの通報を受けて野生動物保護官が到着したときには、ネズミイルカはすでに死んでおり、人々は消えていた。

検査官によると、ネズミイルカが人間との接触のせいで死んだ可能性は否定できないという。また解剖の結果、心臓や肺には寄生虫がいた。ここから、動物由来感染症が人間に広がらないとも限らないのだ。


犯罪捜査始まる
当局は連邦自然保護法違反の疑いで刑事事件の捜査を始めた。野生動物を捕まえたり傷つけたり殺したりするのは違法であり、有罪になれば最長5年の懲役か罰金が科される。

人間が野生動物に干渉して問題を起こすケースは後を絶たない。2017年には、スペインで人々に馬乗りになられたり写真を撮られたイルカの赤ちゃんが死亡した。

つい先週も、アメリカのルイジアナ州からきた新婚夫婦がハワイで絶滅危惧種のモンクアザラシにちょっかいを出して写真を撮り、罰金を科されたばかりだ。

続きは↓
Newsweekjapan: 人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触るのは犯罪.
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/07/post-96726.php


【【悲報】ドイツ イルカスキンシップ中に死ぬ 感染症が原因か】の続きを読む


猫の恩返しってどんな話だったけな、、(^-^;)忘れたからもう一回見よっと♪8/20は猫の恩返しで決まり!!



1 ベンガル(東京都) [ヌコ] :2021/07/18(日) 14:26:24.01


金曜ロードショーにて、8月13日に『もののけ姫』、
8月20日に『猫の恩返し』、8月27日に『風立ちぬ』が放送されることが決定した。
恒例となっている金曜ロードショーの夏のスタジオジブリ作品連続放送。2020年は『となりのトトロ』『コクリコ坂から
』『借りぐらしのアリエッティ』が3週連続で放送されたが、今年は上記の3作品が選ばれた。

『もののけ姫』は8月13日21時00分~23時44分まで、放送枠を50分拡大してのノーカット放送。『猫の恩返し』は
8月20日21時00分~22時54分までの本編ノーカット放送、『風立ちぬ』は8月27日21時00分~23時34分までの放送枠40分拡大の
ノーカット放送となる。

本放送にあたり、鈴木敏夫プロデューサーからは「『もののけ姫』から24年……あっという間です。宮さんは今、
元気に『君たちはどう生きるか』を制作中。8/27(金)公開予定の『アーヤと魔女』も、よろしくおねがいします」とのコメントが届いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8044380e8d42d6c7fade647a2e353ed81cbbd1f1
ノーカットで放送

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【金ロー 8/20猫の恩返し放送が決定!】の続きを読む


一体どういう事でしょう!オリンピックの影響が人間だけに留まらず猫にまで及ぶとは!😱

1 BFU ★ :2021/07/17(土) 12:06:26.72

https://news.yahoo.co.jp/articles/d196f23e68bf0e6cd401db777a90898d40364de7

「警備が厳しく、立ち入りができないため、餌やりも保護もできません。このままでは、あの猫たちはどうなってしまうのか……」

 心配そうに話すのは、「一般社団法人42825(よつやねこ)」の根井まりさん。東京都の動物愛護推進員として10年以上、新宿区で地域猫をサポートするボランティア活動を続けている。

 地域猫に対し「TNRM(Trap=捕獲、Neuter=不妊手術、Return=元の地域に戻す、Manage=見守る)」と呼ばれる活動をおこない、地域に暮らす人と猫との共存を目指している。

 東京五輪開幕が目前に迫り、メイン会場となる国立競技場周辺は、7月14日から警備体制が強化され、関係者以外の立ち入りが禁止となった。そのため、競技場周辺で暮らす猫たちの世話ができなくなっているという。

「入れなくなったエリア内で暮らしていた猫は8匹。そのうち、2匹は無事に保護できたのですが、残る6匹は残されたままです。警備担当者に事情を説明し、餌を置かせてほしいと頼んだのですが『不審物としての扱いになる』と、断られました。

 給餌も給水も絶たれ、一気に気温も高くなってきたこともあり、猫にとっては非常に厳しい状況です」(根井さん、以下同)

 ただ餌を与えるだけでなく、食べ終わった後の片づけや周辺のゴミの掃除などもおこなうことで、地域の公衆衛生にも貢献している。

「新宿区の保健所とも連携している活動です。こういった事態になることを避けるため、早いうちから五輪の組織委員会には活動内容を説明し、餌やりの継続と保護をさせてもらえるように働きかけているのですが、残念ながら許可がおりていません」

 根井さんたちは競技場周辺での保護活動継続を求め、サイト「42825」を開設、オンライン署名の協力を呼び掛けている。

「私たちは五輪の開催について、反対とか賛成とか言うつもりはまったくありません。ただ、猫たちの世話をさせてほしいだけなんです」

「環境を優先する東京大会」を理念として掲げる今回の五輪。なにより小池百合子東京都知事は、自身のホームページで動物福祉について、重要な政策として訴えている。東京の足元で起きていることを、どのように感じているのだろうか。
※前スレ
★1 17日 06:51
★2 [BFU★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626479949/


【小池さーん!そりゃああんまりなんじゃない?】の続きを読む

このページのトップヘ